幼年期の習い事は究極のホメツール

未就学児に人気の習い事

まずは健康第一

大人になって物覚えが悪くなったという経験はないでしょうか。
体力の衰えと同様に脳も老化していきます。
ならばその逆もしかり、成長過程にある子どもたちの脳は色々な情報をグングン吸収していきます。
ゆえに習い事を始める最大のチャンスは小学校にあがっていない未就学期なのです。
「言葉もまだよく理解できてないのに?」と思われるお母さんもいることでしょう。
家では何度注意しても同じことを繰り返します。
毎日の家事に追われながら毎日、毎日同じことの繰り返し。
子どもたちは注意されることから学び、確実に成長しているのに、その成長は目にみえて数値化されているわけでもなく、ストレスが蓄積してしまっては、子どもとのかえがえのない貴重な日々も「魔のルーチン」になってしまいます。

だから専門家にゆだねるのです。
毎日、同じ環境で膝突き合わせていれば、注意ばかりしてしまって「たまにはホメてあげたいよ」とつぶやきたくもなります。
習い事の先生たちは感情的にならず指導する専門家、そして出来ることが増えた成長の過程を報告してもらうことにより、お母さんはホメる専門家になれるのです。

つまり、習い事をさせるということはよりよい親子関係を構築していくためのきっかけ、ツールになるというわけです。
では一体、何を習わせたらいいのか?
「三つ子の魂百までも」「雀百まで踊り忘れず」ということわざがあります。
将来、大スポーツ選手にするのか、偉大な音楽家にするのか、親の期待と夢はふくらみます。
しかし、そのために他の子どもと比較して口やかましくなるなら本末転倒。
あくまでも、ホメる機会を増やして自己評価を上げてあげるのが第一目標。
昨日よりも今日、今日より明日、他人との比較でなく自分が成長していることをホメてあげてください。
脳の成長、心の成長が著しい時期だからこそ、ならいごとをはじめるのは「今でしょ」。

おすすめリンク

名古屋での幼児教育

幼児教育の考え方については地方によって違いがありますが、名古屋ではどういった教育があるのでしょうか。

1歳にお勧めの幼児教室

子供の成長に合わせた幼児教室を見つけたい方向けの情報です。1歳の子にはどんなものが合うのでしょうか。

未就学の時期だからこそチャンス

なにはともあれ、健康第一。 体力作りで病気に負けない丈夫な身体に育てたいと思うのが親心。 特定のスポーツをさせるならそのスポーツ特有の反射神経や勘を幼少期から養わせたいもの。 しかし、過度なスパルタは当然、ご法度。 その子が本当に身体を動かすことが楽しくなり、体力作りのできる習い事はなんなのでしょう。

お勉強系は効果ある?

脳の成長がいちじるしく、どんどん記憶していく幼年期にお勉強をさせるとすごい効果があるのではないか。 しかし、心の成長もいちじるしく自己主張が強くなってくるこの期間には、うまくお勉強と出会わせてあげなければ、かえって逆効果ということにもなってしまいます。

うちの子は天才?

一般的に3歳くらいから、右脳優位から左脳優位への移行期に入っていきます。 直感力や音感、空間認識力を司る右脳優位の時期に芸術系の感性を磨かせたいと思う親も多いことでしょう。 しかし、そうした絵画やピアノなどにおいても注意しなければいけないことがあります。